PPTのF5-F7ショートカットアプリケーション

公開された時間: 2020-01-18

F5はホームページから再生を開始します

PPTの終了後、ホームページからPPTをすばやく表示し、全体的な効果が良いか悪いかを確認します。「F5」キーを直接押して、ホームページからスライドショーを開始できます。


F6ショートカットキーの表示/ノート情報バーを開く

(1)F6ショートカットキーを2回続けて押します。PPTを作成するプロセスでは、多くの場合、写真の挿入やアニメーションの追加が必要です。操作時間を節約するため、ショートカットキー操作を使用しますホールド、F6を続けて2回押すと、メニューに対応するショートカットキーが機能領域に表示されるので、プロンプトショートカットキーを押してショートカットキー操作を実行します。

(2)F6を連続して押して発言メッセージの入力ボックスを開きます。PPTを作成する過程で、ページに多くのコンテンツがあることを発見しました。ストーリーやその他の形式を聴衆に提示し、覚えていないことを心配します。 この時点で、PPTの発言情報列を開き、発言列にキーワードまたはキーセンテンスを記述し、講義中にスピーカービューを開いて対応するコンテンツを表示することを選択できます。
例として次の図をご覧ください。

PPTのこのページに対応する備考情報を追加するには何が必要ですか?
クイック操作:
まず、F6を3回連続して押して、[注釈バーを開く]入力ボックスを表示します。

次に、LeTV履歴に関連するキーワードやその他の関連コンテンツを入力ボックスに入力します。


最後に、現在のスライドページを再生し、講師ビューを開いて、追加されたノート情報を確認します。


F7クイックスペルチェックの英語のスペルチェック

文書を編集するときに英語の単語のスペルが正しいかどうかわからない場合は、テキストボックスで英語のテキストを選択し、[F7]を押して確認します。
例として次の図をご覧ください。

「Tourast Rttractions」の「a」および「R」エディターは、意図的にエラーを修正します。「F7」を押して、何が起こるか見てみましょう。

この時点で、スライドの右側にタイプミスが表示され、正しいオプションが表示されます。

正しい単語を選択し、「変更」または「すべてを変更」をクリックして、間違った単語を修正します。

タグ
ppt